トヨノブ描き下ろし油絵(ギャラリー)

当画廊へようこそ。一日中開いております。ごゆっくりお過ごしください。

2013年08月の記事

F20号キャンバス13083102.jpg

コンテンポラリー

7×10インチ・キャンバスペーパー13083005.jpg

コンポジション

7×10インチ・キャンバスペーパー13082901.jpg

F6号キャンバス13082801.jpg

コンテンポラリー

2Lサイズ・キャンバスペーパー13082701.jpg

人形

P6号キャンバス13082601.jpg

花束

5×7キャンバスペーパー13082501.jpg

F10号キャンバス13082401.jpg

2Lサイズ・キャンバスペーパー13082301.jpg

落日

P10号キャンバス13081801.jpg

明19日~21日までこのブログは夏休みになります。

7×10インチ・キャンバスペーパー13081701.jpg

何十年も絵を続けるのは、並みの苦労ではない。
だけど苦労して描いた絵は簡単に描けたものより結果は劣っている。ぼくの場合。

風景

F10号キャンバス13081601.jpg

「絵を描くのに目的はない。絵を描くことが目的だから。」
ある大画家の名言だけど、格好いいね。
もう悟りですね。

そうありたいけど、
僕は、とてもじゃないがこんな心境には、まだ、なれない。
「何かを表現したい。良い絵を描きたい。誰かに見せたい。上手く描けたらとっておきたい。」とか、ささやかな目的(邪念)あります。残念!

臨終の言葉としてなら言えるけど。

油絵

10×7インチ・キャンバスペーパー13081501.jpg

「具象から離れていく ⇒ 絵画の本質に近づく」

こういうこと言うと写実命で描いてる人がムッとするかもしれない。

そういう時は「写実と写実画は全然違いますから。」とか言って煙にまく。

裸婦クロッキー

5×7インチ・キャンバスペーパー13081406.jpg

13081407.jpg

クロッキー会、参加してきました。
裸婦を描くのも初めて、油彩のクロッキーも初めて。

ポーズは、20分1回、10分4回、5分8回、2分10回の計23回。
モデルさんの休憩も入れてみっちり3時間、23枚ぶっ描きます。

どうなることか覚悟を決めて行きました。
いつも一人だと1枚を3時間位かけてのんべんだらり描いているので、
いい経験になりました。
枚数かさねるとだんだん楽しくなりますし。

ここは毎回2千円払うだけで自由参加。
指導や講評はありません(希望すれば可らしい)。
始まると主管の先生もすごい勢いで油絵を描いていました。この方有名な画家なんです。
気楽でとても良い環境です。

デッサンの経験がないので今回の出来は思わしくありませんが、機会があればまた行ってみたいです(リベンジ)。
あと、私にとっては、長い時間より2分間ポーズの方が良い結果になること。これほんとに意外です。まあ、無駄なことをやる時間の余裕がないのでタッチが一発勝負になります。これが決まった時は快感ですー。「それじゃ、今までの描き方は何なの?」てなことは置いといて。

恥ずかしながら、内お見せできるもの7点をUPします。

13081401.jpg13081403.jpg13081402.jpg13081404.jpg13081405.jpg



0号キャンバスボード13081201.jpg

デザート

0号キャンバスボード13081001.jpg

絵画は事物や心象を表現するための方便じゃない。
絵は絵として独立していなきゃ。

風景

10×7キャンバスペーパー13080901.jpg

落日

7×10インチ・キャンバスペーパー13080801.jpg

10×7インチ・キャンバスペーパー13080701.jpg

F4号ジェッソペーパー13080601.jpg

人形

P6号キャンバス13080501.jpg

F4号ジェッソペーパー13080401.jpg

風景

F4号ジェッソペーパー13080302.jpg

F4号ジェッソペーパー13080201.jpg